乳酸菌の飲料が多く作られる時期とその主な理由

乳酸菌の飲料が多く作られる時期とその主な理由

乳酸菌の製品は、時期と大きな関係があります。特定の時期に、その製品が多く生産されている事が多いのですね。

 

基本的にその菌類が入っている飲料は、主に春先から夏にかけて、生産されている傾向があります。冬の時期などは、あまり多く生産されていないのですね。

 

時期によって異なる乳酸菌の生産量

 

具体的に申し上げると、3月頃から生産量が増える傾向があります。というのも次のようなデータがあるのです。
2年前なのですが、全国の会社による乳酸菌の飲料を生産した量は、9万キロリットルだったようです。ちなみにそれは、2年前の1月と2月の数字になります。

 

ところがその数字は、3月以降から伸びているのですね。3月に至っては1万キロリットル非常になっていますし、その数字はしばらく微増傾向があります。4月は同じ位でしたが、5月は少し増えているのですね。
その1万キロリットル以上の数字は、しばらく継続しています。概ね8月くらいまで、その飲料の生産量は1万キロリットル以上を誇っているのです。

 

では9月以降はどうなっているかと申しますと、だんだんとその量が少なくなる傾向があります。9月などは9万キロリットル台に突入していますし、その翌月からだんだんと数字が下がってきているのですね。11月と12月などは、どちらも8万キロリットル台になっているからです。

 

春から夏に乳酸菌の飲料が多く作られる理由

 

このような数字を見てみると、少なくとも乳酸菌の製品は、春から夏にかけて多く生産されている事が分かります。冬の時期などはインフルエンザなので、生産量が多いようなイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし実際には春から夏の生産量が多い状況なのですね。

 

ではなぜ上記のような数字になっているかと申しますと、恐らく花粉症に関するニーズだと思います。春先というのは、多くの方々が花粉症に悩んでいる時期ですね。山間部などではその症状でお悩みの方も大変多いのですが、乳酸菌の製品を摂取すると、それが緩和されている事例も多々見られます。ですので花粉症のニーズに応えるために、乳酸菌を多く生産しているのではないでしょうか。

 

それと夏の時期などは、お腹を下しがちなのですね。その時期は冷たい物を摂取する事も多いですし、夏風邪なども案外と多く見られます。しかしどちらの問題も、乳酸菌飲料によって解決される事が多いです。つまり夏の時期は乳酸菌のニーズが高まりがちなのでしょう。

 

このように乳酸菌の飲料と時期との間に、密接な相関関係が見られる訳です。