面白おかしく腸の勉強をしてみよう

乳酸菌の消費額と日本の各エリアとの関係

乳酸菌の飲料は、実は地域と大きな関係があります。特定の地域において、その飲料が多く消費されている傾向があるのですね。総じて日本の郊外地域において、その飲料が多く消費されている傾向があります。都心部などでは、消費量は意外と少なめになっているようですね。

 

日本のどの地域で乳酸菌が消費されている事が多いか

 

例えば東北地方などでは、かなり乳酸菌の消費量が多い状況になっています。その地域の中でも、仙台と福島地域などは、乳酸菌に対する支出額がかなり高めですね。
ちなみにその支出額は、数年前の1月から10月のデータを集計したものになります。1年間あたりのデータではありません。

 

仙台の場合は、多くの方々はその10ヶ月で約3,800円前後を乳酸菌飲料に消費しているのだそうです。また福島エリアの場合も同じくらいの数字ですね。また山形エリアも比較的高めで、3,300円前後になります。
逆に北海道や秋田地域などでは、2,000円台にとどまっている状況です。北海道というより東北地方の方が、乳酸菌を多く購買しているようですね。

 

それと関東地域で申し上げると、前橋などはかなり乳酸菌の購入額が高めです。群馬エリアの1つなのですが、そこは関東地域の中でも1、2を争うほど購入額が高めなのですね。現時点では4,500円前後になります
それと山陰地域の場合、概ね松山と鳥取エリアでの購入額が高めになっているのです。前者の松山エリアでは3,250円前後ですし、後者も大体同じ程度ですね。
そして全国の中でも際立って消費額が多いのが、鹿児島地域になります。そこは5,200円前後という数字を誇っているのです。全国のどのエリアと比べても、圧倒的に高い数字と言えます。

 

また九州地域だけで申し上げれば、佐賀エリアなども購入額は比較的高めですね。現時点では3,800円前後になっているからです。

 

乳酸菌の消費額が少なめな主なエリア

 

逆にその消費額が小さいエリアはどこかと申しますと、例えば名古屋ですね。そこは1,800円台という状況になります。東海エリアの中では、かなり低めな数字ですね。
それと京都周辺では、奈良エリアなどもかなり数字が低めで、現時点では1,850円前後になります。それと九州の福岡エリアなどもかなり数字が低く、1,700円台ですね。また大分エリアは、1,600円台という状況になります。

 

こうして見てみますと、概ね都心エリアでは、ちょっとその菌類の商品は少なめと言えるでしょう。都心エリアというより、むしろ郊外の方々がそのタイプの商品を摂取している事が多いですね。

 

私たちが経口摂取する物は、特定の食材や調味料などと大きな関連性が見られます。

 

一部の食材などは、塩分と大きな関係があるでしょう。全く塩分を使わずに食材を摂取するのも、少々きついものがありますね。少しでも塩分を用いる方が、やはりスムーズに摂取できるものなのです。それは塩分だけでなく、糖類も同様です。それは味覚的な意味もありますが、腸内環境のためにも、糖類を補給するのが良い一面があるのです。

 

腸内環境が糖分と密接な関係がある2つの理由

 
まず糖類といっても、様々なタイプがあります。もちろん砂糖などは糖類の1つになりますし、ブドウ糖やショ糖やオリゴ糖などもその1つに該当するのです。そして腸内環境を整えたいと考えるならば、やはりオリゴ糖はキーポイントの1つになるのです。

 

オリゴ糖がどのように関わってくるかと申しますと、お腹の中に生息している善玉菌ですね。当然ですが善玉菌は、お腹の中で生きています。そして生物に対しては、当然えさなどが必要になってくるでしょう。えさがなければ、生物は死んでしまいますね。

 

つまりお腹の中で生きている善玉菌が活躍できるか否かは、糖分次第なのです。その菌類に対してオリゴ糖を与えてあげれば、お腹の中がだいぶ健やかになってくれると考えられるのですね。そのような意味で、腸内環境と糖類との間には、密接な関連性があると考えられるでしょう。
また腸内環境を整える為の選択肢の1つに、乳酸菌のサプリメントがあります。そのサプリメントはお腹の環境を整えてくれる事が、大変多いのですね。サプリメントに対する口コミなどを見てみると、お腹の環境が良くなったとの感想文が、よく投稿されています。

 

ところで人々がサプリメントを使う理由の1つは、前述の糖類なのです。余り多くの糖類を摂取したくないと考えているので、サプリメントを選んでいる事もあるのですね。
現に私が以前に見た口コミの1つに、ちょっと興味深いものがありました。ある方がサプリメントを購入していたのですが、以前にヨーグルトの摂取をしていたのですね。しかしその方は、ヨーグルトの中に含まれている糖分が心配だったようです。糖分過剰により、かえって体調が悪くなってしまうのではないかと思い、サプリを購入していた訳ですね。

 

ですので腸内環境と糖分との間には、やはり密接な関連性が見られるでしょう。腸内環境を整える為に糖分が必要であり、その環境の改善のために糖分は敬遠される事もある訳ですね。
腸内環境を整える

続きを読む≫ 2016/09/27 16:23:27

 

世間には、色々な職業があります。その中には、多くの方々から細かい所まで見られる職業もあるのですね。

 

いわゆるモデル業などは、その1つになります。グラビアや読者モデルなどは、女性の花形の職業の1つだと思うのですが。その職業の方々は、恐らく乳酸菌のサプリを利用していると思います。

 

肌の細やかさなどに配慮しているモデル

 

まず読者モデルの方々は、どう考えても見栄えには気を使うことになるでしょう。雑誌の表紙などに掲載される事になる以上は、非常に目立ちます。肌のきめ細やかさなども見られるでしょうし、それこそ細部に渡って見られる事になると考えられるのです。

 

もちろんカメラマンの方は、美しく見えるように色々工夫はしてくれると思います。しかし肌の状態が綺麗な方が、もちろん読者からの人気度もアップするでしょう。人気があるモデルの方が、最終的にはお金も稼げるものだと思います。人気度がアップすれば仕事が多く来るようになるので、稼げるからです。

 

ですのでモデルの方々は、どうしても肌の調子などに気を使うことになるでしょう。芸能人の方々などもかなり肌の調子に気を使っていますが、モデルもそれは同様だと思います。

 

腸内環境を整えてお肌を綺麗にするために乳酸菌のサプリを活用

 

ところで肌に対して気を使うとなると、やはり乳酸菌は大切だと思うのです。なぜならその菌類は、肌との密接な関係性があります。
乳酸菌は、もっぱら腸内環境を整えてくれる効果があるのですね。お通じの改善効果などは、やはり乳酸菌の一番の特徴と言えるでしょう。

 

その菌類がお腹の環境整えますと、まず腸内は綺麗になるでしょう。腸内洗浄とはちょっと違うのですが、少なくとも老廃物などが外に出やすくなる以上は、お腹の中は綺麗になる事だけは確実ですね。
そしてお腹と皮膚は、もちろん血管で接続されています。血管というパイプを通じて皮膚に届く訳ですが、それで皮膚が綺麗になる事も多々あるのです。お腹の中が綺麗になれば、その状況は皮膚にも反映される訳ですね。乳酸菌のサプリに対する口コミを見てみると、皮膚が良くなったという内容は本当に多いのですが。

 

ですのでやはりモデルの方々は、乳酸菌のサプリを使っていても何ら不思議はないと思います。お腹の調子を整えつつ、肌をきれいにするイメージですね。
ちなみに芸能人の方々は、腸内洗浄を行っている事も多々あるようです。もちろんそれは、肌の美しさを意識しているからだと思います。それと同じ考え方により、やはりお腹を綺麗にしようと考えているモデルの方々も、やはり多いのではないでしょうか。

 

続きを読む≫ 2016/09/15 13:26:15

乳酸菌の製品は、時期と大きな関係があります。特定の時期に、その製品が多く生産されている事が多いのですね。

 

基本的にその菌類が入っている飲料は、主に春先から夏にかけて、生産されている傾向があります。冬の時期などは、あまり多く生産されていないのですね。

 

時期によって異なる乳酸菌の生産量

 

具体的に申し上げると、3月頃から生産量が増える傾向があります。というのも次のようなデータがあるのです。
2年前なのですが、全国の会社による乳酸菌の飲料を生産した量は、9万キロリットルだったようです。ちなみにそれは、2年前の1月と2月の数字になります。

 

ところがその数字は、3月以降から伸びているのですね。3月に至っては1万キロリットル非常になっていますし、その数字はしばらく微増傾向があります。4月は同じ位でしたが、5月は少し増えているのですね。
その1万キロリットル以上の数字は、しばらく継続しています。概ね8月くらいまで、その飲料の生産量は1万キロリットル以上を誇っているのです。

 

では9月以降はどうなっているかと申しますと、だんだんとその量が少なくなる傾向があります。9月などは9万キロリットル台に突入していますし、その翌月からだんだんと数字が下がってきているのですね。11月と12月などは、どちらも8万キロリットル台になっているからです。

 

春から夏に乳酸菌の飲料が多く作られる理由

 

このような数字を見てみると、少なくとも乳酸菌の製品は、春から夏にかけて多く生産されている事が分かります。冬の時期などはインフルエンザなので、生産量が多いようなイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし実際には春から夏の生産量が多い状況なのですね。

 

ではなぜ上記のような数字になっているかと申しますと、恐らく花粉症に関するニーズだと思います。春先というのは、多くの方々が花粉症に悩んでいる時期ですね。山間部などではその症状でお悩みの方も大変多いのですが、乳酸菌の製品を摂取すると、それが緩和されている事例も多々見られます。ですので花粉症のニーズに応えるために、乳酸菌を多く生産しているのではないでしょうか。

 

それと夏の時期などは、お腹を下しがちなのですね。その時期は冷たい物を摂取する事も多いですし、夏風邪なども案外と多く見られます。しかしどちらの問題も、乳酸菌飲料によって解決される事が多いです。つまり夏の時期は乳酸菌のニーズが高まりがちなのでしょう。

 

このように乳酸菌の飲料と時期との間に、密接な相関関係が見られる訳です。

 

続きを読む≫ 2016/09/10 21:50:10